玉森裕太「奇跡の三十路」誕生日を迎えたゆるふわ天使な王子様、30代はどうファンを魅了する?

編集部

玉森裕太「奇跡の三十路」誕生日を迎えたゆるふわ天使な王子様、30代はどうファンを魅了する?の画像1

 17日、アイドルグループ・Kis-My-Ft2の玉森裕太が30歳となる誕生日を迎え、新たな“奇跡の三十路”が誕生した。

 玉森の誕生日を祝うため、ネット上では日付が変わった直後からファンのお祝いコメントが殺到。玉森に関する複数のワードがトレンド入りする事態となった。現在は天然・ゆるふわなキャラクターで高い人気を誇っている玉森だが、30代となったことを機に大人の色気もあわせ持つ、さらに魅力的なアイドルへと進化していくかもしれない。

 昨年放送されたドラマ『グランメゾン東京』(TBS)でも注目を集めた玉森は、これまでもアラサーとは思えぬその甘いマスクとゆるふわ天使な王子様キャラクターでファンから愛されてきた。薄力粉を見て「うすりき?うすりょく?」と読んだり花見を「桜見」と言ったりと、読み間違い・言い間違いは通常モード。同じ卵のパックを2つ持って店員に「どっちが美味しいですか?」と聞くも、「同じだと思います」と返されたエピソードも天然ぶりを強調している。

 しかしそんな玉森も、『グランメゾン』では才能を持ちながら過去に苦悩する若手シェフを好演。天然・ゆるふわとは一味違った、真面目な一面を見せた。先月放送された『Kis-My-Ft2 キスマイRadio』(文化放送)でも、メンバーの二階堂高嗣から「メンバーからどんな誕生日プレゼントをもらいたいか」と聞かれ大人の象徴アイテム・腕時計を二階堂にねだるなど、30代への進化に意欲を燃やしているようだ。

 誕生日の17日には、ネット上で多くのユーザーからお祝いが相次ぎ、「#玉森裕太誕生祭」「玉ちゃん」「玉森くん」といったワードがTwitterのでトレンドにもランクインした入りした。「大人な玉森さんも見たいけど、まだまだ可愛いお玉ちゃんでいてね」「あの容姿で正真正銘の三十路なのやばない?」といった、玉森のビジュアルに黄色い歓声をあげる声や、「あなたの30代がますます楽しみです」と、さらなる成長に期待を寄せるファンも少なくなかった。

 30歳となったゆるふわ王子様は、ここからどういった方向性に進んでいくのか。次なるステージに進んだ玉森が、新たなファン層を獲得して人気をさらに盤石にしていく可能性も充分考えられる。節目の年を飛躍の年とできるか。玉森のさらなる活躍に期待したい。

玉森裕太「奇跡の三十路」誕生日を迎えたゆるふわ天使な王子様、30代はどうファンを魅了する?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!