18日放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において、漫才コンビであるおぼん・こぼんの本音について語られた。番組では爆笑問題が所属する事務所であるタイタンライブに、おぼん・こぼんがゲスト出演した様子が語られた。

 楽屋はコンビで一つだったものの、一緒にいることはなく、こぼんは常にモニター前にいたようだ。ただ打ち上げには2人とも参加してくれた。もちろん席は離れている。

 太田光は、こぼんに「本当は仲良いんですよね?」と問うと「本当はやめたい」「できれば漫才自体をやめたい」「あと残り何年生きるかわからないけど、こんな気持ちで生きているのは嫌だ」といったマジの本音を吐露されたという。これには太田も「そこまでシリアスな話しないでくださいよ。もう少し仲良くすれば楽しい人生になるかもしれませんよ」と言うしかなかった。

 おぼん・こぼんの不仲は昨年度放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で話題となった。おぼんがこぼんに解散ドッキリを仕掛ける前に、こぼんから解散を口に出すハプニングも起こった。この時、おぼんがこぼんに向けたフレーズは「何か俺に謝ることがあるか?」なるものである。

 こぼんは「自分でいい歳してこんなことで揉めるなんて」と自宅でたびたび反省もするが「あいつは謝れと言ってるけど、謝る理由が本当にわからない。それを言ってくれればいいのに」と思っているようだ。それでも自分から頭を下げようと思うも「現場行ってあいつの顔を見るとどうしても嫌だ」という気持ちになってしまうという。

 これには田中裕二も「ネタでも何でもなく、こぼん師匠の本当の気持ちなんだろうね」と語っていた。

 ネタやキャラではない「マジ不仲」状態はいまだ継続中であり、おぼん・こぼんにさらなる注目が集まりそうだ。(文=相川ナロウ)

「もう漫才をやめたい」爆問太田、おぼん・こぼんの本音を暴露のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!