11日、テレビ朝日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな‼」に俳優・武田真治がしくじり先生役として出演。2018年に終了したフジテレビ系の人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」のレギュラー時代にうつ状態で芸能界引退の危機に陥ったことなどを告白した。大ブレイクの陰にあった壮絶なしくじりが、視聴者に感動をもたらした。

 番組では、武田がめちゃイケでレギュラーを務めるも、お笑い芸人の勢いに押されトークやリアクションで存在感を発揮できず人気が失速していったことを暴露。そんな中、趣味のサックスだけが自身の存在意義であったが、ストレスで顎関節症を患い、そのサックスすらも吹けなくなってしまったという。唯一の自信を失った武田はうつ状態になり、事務所に芸能界引退を申し出るほどに。

 しくじりはその後も続き、武田の様子を見た知人が勧誘してきた集団セラピーの集会に参加すると、26万円の高額な請求を受けるハメに…。支払いのため事務所に借金ができ、やめられない状態になってしまう。辞めるに辞められぬ地獄に陥った武田は、「トーク番組でガムを噛んで出演」「街ブラロケでたばこを吸う」など、意図的に芸能界を干される行動を取り、人気は大暴落した。

 武田は高校在学時、「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、ドラマやバラエティにまで引っ張りだこの超売れっ子タレントとして華々しいスタートを切ったが、その後めちゃイケを契機に挫折。しかし、絶望的な状況の中、もう一度サックスを吹きたいという思いに駆られ、医師の勧めで筋肉を鍛え、顎関節症の克服を決意。ロック・ミュージシャンの忌野清志郎のバンド活動にサックスとして参加できるまでに回復した。ライブの際に大事なフレーズをミスすると、忌野が「また、次頑張ればいいよ」と許してくれたことで、「できない自分を認めて楽に生きてみよう」と、仕事への向き合い方が変わったとしくじり先生を締めくくった。

 武田の知られざる挫折と立ち直り方に、ネットでは「武田真治のしくじり話、泣ける。社会人なら誰しも心に響くんじゃないだろうか」「武田真治、陰でそんなことが。応援したくなりました」と、武田への賞讃の声が後を絶たない。

 現在では、一昨年にNHKで放送された「みんなで筋肉体操」で持ち前の筋肉を披露したことが話題を呼び、人気を徐々に回復している武田。歯科衛生士でモデルの静まなみと結婚を前提にした真剣交際中でもある。度重なる挫折を乗り越えプライベートも充実している武田が、今後再ブレイクを果たしていく物語を世間は注目している。

武田真治「感動的しくじり暴露」挫折エピソードに視聴者感涙。人間味プラスで再ブレイク待ったなしのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!