昨年12月30日深夜、公式発表より先にスポニチアネックスで離婚の第一報が伝えられた木下優樹菜とFUJIWARA・藤本敏史。同紙は同時に、2人が1年前からマンション内で別居していたことも伝えていた。

 しかし、6日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、これを完全否定。「木下優樹菜 離婚直前まで貫いた子どもへの“愛”」と題した記事の中で、子どものために別居はしていないと報道。「藤本さんが仕事用に同じマンションでもうひと部屋借りていただけ」だといい、離婚後も家族は同居していると伝えている。

 また、同誌は騒動真っ只中の11月、次女が通うインターナショナルスクールの行事に夫婦そろって参加した際の写真を掲載。2人の笑顔が印象的だ。

 だが、“良きパパ・ママ”ぶりを押し出したこの記事に対し「どうしても引っかかる」と漏らすのは、藤本と同じ吉本の関係者。

「藤本さんが仕事用に部屋を借りているというのは、違和感しかありませんね。

FUJIWARAは、ルミネ(theよしもと)の舞台でも、10年以上ヒーローショーを題材にした同じコントばかりやっている。厚い台本を覚えるような俳優業も今はやっていないですし、書き仕事もほとんどないですよね? じゃあ、なんのために……」(吉本関係者)

木下優樹菜マンション内別居は「大嘘」報道に違和感……イメージ悪化避けるためかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!