松本人志も不満?『笑ってはいけない』大崎会長、岡本社長サプライズ登場なし、笑いにしないモード?の画像1

 昨年12月31日に大晦日の恒例番組として『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)のスペシャル「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」が放送された。事前に報じられた通り元SMAPの「新しい地図」メンバーである香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎が出演し、解散以降の地上波登場が話題となった。

 だがもう一つのサプライズキャスティングとして期待された吉本興業の大崎洋会長と岡本昭彦社長の出演はなかった。いずれの名前も昨年度に起こった闇営業騒動に端を発し、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号田村亮の解雇騒動に発展する中で名前が出てきた人物である。同時に大崎会長は若手時代のダウンタウンを見出し、岡本社長もマネージャーを務めており、ダウンタウンとゆかりのある人物である。闇営業騒動で、ダウンタウンの松本人志が動き岡本社長の会見につながったのはよく知られている。

 彼らが「笑ってはいけない」に出演し何かしらの罰を受け笑いで収めるのが「ダウンタウン松本流」「吉本流」の笑いなのではないかとネット上では予想されていた。番組冒頭に松本が「テープ回してへんやろうな」と、岡本社長が芸人に発したと言われる恫喝フレーズで笑いを取り、「アウト〜」のフレーズの藤原寛副社長が登場するも、それ以上の動きはなかった。

「12月30日深夜放送の『クイズ正解は一年後』(TBS系)においても、復帰の場として期待されたロンブー亮は登場せず、さらに彼が出演しているVTRも一切使わない展開となりました。闇営業問題を『笑いで年内に解決』の動きは時期尚早と判断されたのかもしれません」(業界関係者)

 もちろん両番組では闇営業ネタは完全タブーではなく芸人間のイジりフレーズとしては登場していた。ただ、それらはほかのバラエティ番組でも見られる程度のものであった。それゆえコアなお笑いファン的には物足りない展開となってしまったのは確かであろう。(文=相川ナロウ)

松本人志も不満?『笑ってはいけない』大崎会長、岡本社長サプライズ登場なし、笑いにしないモード?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!