乃木坂46の元メンバーで女優の西野七瀬が、26日放送の『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)に出演。自宅にゴキブリが出た対処法として、西野が答えたエピソードが「あざとすぎる」とネット上で話題だ。

 番組終盤で「パートナーと家事の分担」についてトークを行うなか、MCで女優の長谷川京子が「家にゴキブリが出たら?男の人にお願いする?」と共演者に質問。すると、西野は「マネージャーさん呼んだりします」と回答し、実際にその経験があることも明かした。

 しかし、それはゴキブリなどではなく、ただの「てんとう虫」だった模様。共演者は「てんとう虫で呼んだの……」と言葉を失っていたが、それに対して西野は「めっちゃ苦手なんです」と必死に弁明していたが……。この一連の発言がネット上で「あざとい」と非難されている原因だ。

「女の子らしい可愛いエピソードのように思えますが、『ぶりっ子かよ』『マネージャーはお手伝いさん?』『大物タレント気取りかよ』とコメントが続出。気軽に相談ができて自宅に呼べるというのは信頼が成り立つ証拠でもありますが、『さすがに限度がある』といった意見が圧倒的多数ですね」(芸能ライター)

 なかには、乃木坂46を卒業したにもかかわらず『まだアイドル気分が抜けていない』との意見も上がる西野のぶりっ子エピソード。これが天然なのか定かではないが、この西野の「天然と計算高さ」に嫌悪感を示す人間は少なくない。

「経済通産省が推進する『キャッシュレス・ポイント還元事業』CMに出演した際、大阪出身ということもあり西野さんはバリバリの関西弁を披露。SNS上には『超可愛い』『なんか面白いな』といったコメントが寄せられた一方で、本場の関西人からは『鼻につく』『わざとらしいし、あざといわ~』と大不評でした。

また、先月、自身のインスタグラム上に上海ディズニーランドで満喫している様子がアップされたのですが、西野さんはウサギ耳のキャラクター帽子をかぶり、ディズニーの人気キャラクターのくまのプーさんとハグしている場面を投稿。この動画に30万件以上の“いいね!”が付くなど、ファンから大きな反響を呼んでいたことは事実ですが、やはりここでも『ぶりっ子だわ』という意見が上がっていましたね」(記者)

 何をやっても“あざとい”と言われる西野。やはり気分はアイドル時代のまま?

西野七瀬「大物気取り」マネージャーをパシリ扱い? まだアイドル気分「あざとさ抜けず」非難が続々のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!