17日放送の連続ドラマ「モトカレマニア(フジテレビ系)」にお笑いコンビのガンバレルーヤ・よしこが出演し話題を呼んでいる。連続ドラマ初出演のよしこだが、そのナチュラルかつ存在感のある演技が“まさかの”高評価を得ており、ドラマ制作陣、そしてよしこ自身にとっても飛躍のバネになりそうな気配だ。

 同ドラマはタイトルのとおり、高良健吾演じる元カレを忘れられないヒロイン(新木優子)が軸となるラブコメディー。いまや若手屈指の演技派であり久しぶりの連続ドラマ主演となる高良、モデルとして絶大な人気を誇る新木というW看板に加え、原作マンガの人気もあり、放送前から話題となっていた。

 しかし、フタを開けてみると、想定していたヒット要素と並ぶかたちでガンバレルーヤ・よしこの好演が話題に。「ガンバレルーヤのよっちゃん演技うまーい」「すごくキレイ!そして演技上手い! ビックリした~」「演技うまいんじゃない…?よしこ採用した人すごいな…」と驚きをもってツイートする人が続出する事態となっている。

 作中でよしこは新木演じる元カレを引きずるヒロインの“恋と人生のアドバイザー”的ポジションで、時にやさしく、時に厳しくアドバイスを送る。それだけに女子ウケは必至であり、ドラマ終了後には役者としての評価とともに好感度も爆上がりしそうだ。

 こうなると気になるのはガンバレルーヤとしてのコンビ格差。相方・まひるは、おっとりとした性格の癒しキャラでありながら、運動神経抜群というギャップで人気を集めている。以前から2人それぞれの評価は高かったが、8月の24時間テレビのチャリティーランナーををはじめとした現在の“よしこバブル”で格差が生じてしまったことは否めない。

 今後はまひるの“意外な一面”を引き出すきっかけが生まれ、コンビとしてスターダムを駆け上がることを願いたい。

ガンバレルーヤよしこ「主役クラス」連ドラ初出演ながら絶賛の演技!気になるのは“コンビ格差”のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!