『ヒルナンデス!』(日本テレビ)にレギュラー出演中のお笑い芸人・ブルゾンちえみが、4日の海外ロケ企画に出演。その様子が「女優気取りも甚だしい」と不評を買っているようだ。

「この日の放送ではブルゾンと滝菜月アナがLCC(格安航空券)を駆使して海外ロケに出かけた模様がオンエアされましたが、ブルゾンは各国で女優のような振る舞いを連発。ドイツではビール試飲して『甘い。麦の香りはするけど苦味はない』と凡庸なコメントを発し、イギリスでラグビーのスクラム体験をした際にも『女子のやることではない』などと滝アナにも劣るやる気のない振る舞いを披露。盛り上げようとする滝アナの方がよほど芸人らしかったので、それを含めて視聴者からは批判を受けてしまいました」(芸能誌ライター)

 番組視聴者の反応は「なんでここまで勘違いできるの?」「盛り上げようともしないなんてタレントとしても失格」「ドラマ出てから勘違いしちゃったのかなぁ」「平場の実力がないだけ」など散々。視聴者たちは一様にブルゾンの勘違いぶりを感じたようだ。

「同行者の滝アナがどちらかというとボケのキャラクターですので、ブルゾンとしてもやりづらさはあったかもしれませんね。そもそも勘違いが始まったというよりも、ブルゾンちえみといえばネタ芸人時代から勘違いするのが芸風です。ツッコミ役がいなかったゆえの悲劇かもしれません」(同)

 ただし、こうしたブルゾンの振る舞いには心配な面もあるようだ。

「このように女芸人が芸人らしからぬことをすると、バッシングを受け人気が落ちる傾向があります。同じ事務所のイモトアヤコなども『世界の果てまでイッテQ! 』(日本テレビ系)でブレイク後に女優業やMC業を始めた際、散々に勘違いぶりを叩かれたことがあります。久本雅美もベテランになって見た目に気を使うようになると『気持ち悪い』などと揶揄されたものです。原則としてはやはり女芸人はヨゴレな一面も持ち合わせていないと、視聴者には受け入れられないのかもしれませんね」(同)

 とはいうものの、現代のお笑い界ではガンバレルーヤやおかずクラブ、ゆりやんレトリィバァなど出たがり系統の芸人が多く、うんざりする視聴者の声も多い。ブルゾンちえみにはそれらと一線を画す存在として活躍を期待したいところではあるが。

ブルゾンちえみ「女優気どり」失敗の法則にのっかり……まるで久本雅美?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!