奔放な発言などで、現在バラエティ番組を中心に人気を集める元AKB48・西野未姫。そんな彼女の発言が、物議を醸しているという。

 西野は26日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。『炎上必至! 毒舌芸能人SP』と銘打たれたこの回で、西野は過去にした炎上発言である『握手会はゲロ吐くほど嫌い』『AKB48のファンは歯が溶けてる』『握手会に来るファンは8割が童貞』という発言が紹介されることになった。

 西野は、「今はとっても反省してます」と、これらの発言について今は反省していると言いつつも、「思ったまま素直に言ってたらどんどん炎上しちゃって」と、悪意がないことを強調。さらに、ファンの歯が溶けているという件について、「(歯が)抜けてるひとはよく見かけますよ。でも、AKBの握手会にくるファンの人は歯がとろけてるんです」と再びこの件について事実であると繰り返した。

 また、ファンの8割が童貞という件についても、「ただの私の予想なんですけど、握手会に来るファンの人ってフガフガ、シーハーシハーしてるっていうか」と、おどけた顔をしながら西野が童貞だと思っているファンのマネを披露。MCであるダウンタウン・松本人志も、この様子を見て「何も学んでないな」と半ばあきれたような顔でツッコミを入れていた。

 この発言に対し、ネットでは物議に。「面白い」という声があるものの、「オタクに食べさせてもらったんだからディスらないほうがいい」「オタクがかわいそう」といった声も上がっており、賛否両論となっている。

 そんな中、ある芸能ライターは「西野のこのネタの枯渇が顕著だ」と、こう語る。

西野未姫「オタク侮辱」ネタ切れでも必死「握手会のやつはフガフガ、シーハーシハー」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!