人気お笑い芸人の「霜降り明星」の粗品が9月6日発売の写真週刊誌「FRIDAY」で熱愛スキャンダルを報じられた。

 記事によれば、粗品はaiko似の美女と東京・麻布十番の高級焼肉屋に来店。その後、2人は東京都港区内の高級タワーマンションに入り、そのまま朝を迎えたという。

 この報道を受け、粗品は6日の深夜に放送された「霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送系)で「彼女です。同棲して同じマンションに住んでいます。大阪にいた時から仲良くしていたイベントのスタッフです」とあっさりと交際を認めた。

 粗品といえば、今年2月に放送されたバラエティー番組「ナカイの窓」(日本テレビ系)や5月に出演したトーク番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)などで『童貞・チェリー』『カントン包茎』であることを告白して話題を呼んでいたが…。

「イケメンでありながら、童貞というギャップがファンからウケていましたが、今回の熱愛スキャンダルで『童貞キャラ』は崩壊したといっても過言ではありません。好感度の高さを誇っていた粗品ですがキャラ変更を求められ、軌道修正していくことになりそうです」(芸能関係者)。

 粗品より更に深刻な状況に追い込まれているのは、お笑いコンビ・EXITのメンバー、兼近大樹だ。

霜降り明星粗品「童貞ウソ?」でEXIT兼近大樹ばりのピンチに?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!