元NGT48山口真帆の卒業コンサート映像が流れるニュースに「せっかくネイルしているのにチャンネル変えて欲しい」と自身のインスタグラムに投稿。不適切発言と世間から批判され、5月21日付けで研究生へと降格した加藤美南。

 その後、インスタグラムのDMで脅迫され、そのDMを送った犯人が今月逮捕されるという事件も起こり、彼女の周囲はいまだに騒がしさを見せており、なかなかNGT48に戻れない状況が続いている。

 そんな中、彼女が書いた自画像が公開され、その画力に注目が集まっている。

 この自画像は、23日に開催されたイベント『AKB48「サステナブル」劇場盤発売記念 大握手会』にて公開された。メンバーそれぞれが自画像を描いていたのだが、加藤が描いた自画像というのが……あまりにもヤバかったようだ。

「かとみなが描いた自画像というのが、黒ペンでもじゃもじゃ〜となぐり書きのようなものが顔の周りを覆っており、その上、目や口が鋭いタッチでして……。あの草なぎ剛さんや田辺誠一さんに負けず劣らずの画力だったんです。

これを見たファンからは、『計算だろ』『闇キャラづくりの一環だろ』との揶揄もありましたが、ほとんどが『これは、病んでる人の絵だよ』『大丈夫か?』と、かとみなを心配する声ばかり。あの不適切発言で大批判を浴び、脅迫事件まで起きたんですからね。もしかしたら、精神崩壊寸前なのかも」(イベントに参加したファン)

 このファンの他にも、加藤の自画像に驚いたファンはかなりいたよう。ネットにはその自画像を撮影した画像が拡散されており、ファン以外からも精神的ダメージを心配する声が上がっている。

 あの不適切発言以来、話題になるのはマイナスなことばかり。その上、NGT48にはなかなか再昇格できず……。それらを考えると、今回の衝撃自画像を描いてしまう気持ちもわからなくない。加藤のメンタル面は大丈夫なのだろうか。

NGT48加藤美南「精神崩壊自画像」に戦慄……「闇キャラ」アピールにしてもやばいのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドル社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!