トレンディエンジェルが3日に行われた「アポロ アマチュアナイト ジャパン 2019」の記者会見に登場した。アマチュアナイトは、ニューヨークのエンターテイメントの名所であるアポロシアターで行われているイベントである。名の通り誰でも出場可能で、観客の拍手とブーイングで評価が決まる。

 斎藤司は「綾部さんの背中を追っている」「まだまだ僕も挑戦してゆきたい」と、ニューヨーク滞在中の先輩芸人であるピースの綾部祐二の名前を出し、海外進出に意欲を見せた。これを受けネット上では「ハゲネタが世界共通なのかは気になる」「綾部は手本にならないっしょ」といった声が聞かれた。だが、トレエン、特に斉藤さんは本当に海外へ行きそうだともいえるだろう。

「トレンディエンジェルは『M-1グランプリ2015』(テレビ朝日系)で優勝しブレークを果たしますが、現在は干され気味だといえるでしょう。たかしはアイドルオタクとしてソロの仕事が多くなっています。コンビとしての活躍のポジションが無くなりつつあるのは確かでしょうから、斉藤さんが新境地として海外進出をぶち上げても不思議ではありません」(業界関係者)

 実際に、その布石とも取れるような仕事もはじめている。

「トレエンはNHKの高校生向けの英語番組『コミュニケーションⅠ』にコンビそろって登場しています。斉藤さんは、高校卒業程度の学力が求められる英検準二級の資格を持っているほか、大学卒業後は社内公用語が英語といわれる楽天の勤務経験もあります。実際英語がペラペラというわけではないのでしょうが、やはり英語への興味があり、その先に海外進出を見据えているのではないでしょうか」(前出・同)

 実現するかはわからないが、典型的な日本のサラリーマンのおじさんキャラともいえる斉藤さんが、英語で一人しゃべりの漫談であるスタンダップコメディをこなす姿が興味を引きそうなのは確かだろう。(文=相川ナロウ)

トレエン斉藤「海外進出示唆」本当に行くのかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!