アイドルグループ・嵐のリーダーで、2020年末を持って芸能活動を休止すると発表している大野智。そんな大野が、意外過ぎる食の好みを披露し、話題となっている。

 8月22日に放送されたバラエティ『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演。自分が食べた料理の合計額が最も目標から遠かった参加者が、全員の料金を自腹で払うという人気コーナー「ゴチになります!」に、VIPチャレンジャーとして9年ぶりに参加した。

 このコーナーの冒頭では、大野のグルメ遍歴として、家庭ではクリームシチューをご飯にかけて食べるのが当たり前であったことや、ジャニーズ入所後の下積み時代には、母の味であるツナチャーハンを食べて乗り切ったエピソードなどを発表。続けて、大野の食に関するクイズとして、意外なものをご飯にかけていたが、それが何かを出演者が当てるという問題が出されることに。ナインティナイン・岡村が「ギョーザのタレ」、田中圭が「かつおぶし」などの回答をしたが、いずれも外れだったが、そのあとにジャニーズ事務所の後輩であるSexy Zone・中島健人が「チョコレート」と回答すると大野は「正解。出ちゃった」と回答。

 その後、実際に板チョコを削ってご飯にかけたものを実際に食べ、「おいしい」と満面の笑みで回答。隣に座っていた田中もチョコレートご飯を試したものの、微妙な表情で「おいしくはないよ~」と味の感想を述べていた。

 その後行われたゴチバトルでは最下位となり、15万3,600円を自腹で払うことになってしまった大野。だが、ネット上ではそれよりも、チョコレートご飯についてのコメントが殺到。「えっ、おいしいの? 気持ち悪い……」「大野君ってよくも悪くも味音痴だよね」と言った声や、中には「なんかこの人病んでるのかなって思った」と指摘する声も。その意外過ぎる組み合わせに拒否感を示す声が多いが、「ぼた餅がアリなんだから好きな人は好きかもね」と擁護する声もあり、賛否両論状態となっている。

「例えば、スペインや中南米などで食べられている料理でアロス・コン・レチェという料理がありますが、これはお米を牛乳で煮た後に砂糖を加え、シナモンなどをかけて食べるというデザートです。似たような料理としてはドイツにもミルヒライスというものがありますし、ご飯を甘くするという料理は世界的にみればそれなりにポピュラーではあるんですよね。コメントにあった通り、日本にもおはぎなどがあるじゃないですか。

 とはいえ、チョコレートをかけるってのは受け入れ難いですよね。番組でチョコレートをスリスリしてる際の大野さん顔を見てましたが、本当に病んでいるのではないかと疑いを持ってしまいましたね」(料理雑誌編集)

 大野と言えば、今年の24時間テレビのチャリTシャツのデザインを担当し、そのイラストが独特過ぎると物議を醸した一件が記憶に新しいが、こうした独特の感性が食の好みにも表れているのかもしれない!?

嵐大野智「精神病寸前?」まずそうな料理食べ「満面の笑み」にゾワっ……のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!