12日、乃木坂46さゆりんごこと松村沙友理が軍団長を務める非公式ユニット・さゆりんご軍団が、ライブアプリ「SHOWROOM」において配信を実施。その中に、今年5月末のライブをもって卒業した伊藤かりんの姿もあったため、「まさか、かりんちゃんも参加するとは」「運営はよくOKを出してくれたな」などと、ファンの間で驚きと歓喜の声が飛び交った。

 さゆりんご軍団は、アニメ好きという共通点を持つ佐々木琴子、寺田蘭世を松村が誘い、20144月頃に結成。伊藤は本人も知らぬ間に入団していたらしく、今年5月に研究生から正規員に昇格した中田花奈を含めた5名でこの日は配信を行った。

「伊藤は5月に行ったネット配信において、『卒業は許されないらしい』と、さゆりんご軍団からの卒業を松村から引き留められたことを明かしましたが、乃木坂46では基本的にグループ卒業と同時にユニット活動からも身を引くことになっています。しかし、実際に活動を継続しているため、『卒業制度無視!?』『さゆりんご、すごい権力があるんだな』とフなどァンは驚いたようですね」(芸能関係者)

 この日の議題は、日本武道館での単独公演に向けたミーティングだったのだが、自身のブログにメンバーとの食事会の写真や、グループの年間流行語大賞を独自に発表するなどして、有能広報と呼ばれる伊藤の存在は、今後ますますなくてはならないものとなってくるに違いない。

「松村は以前から、武道館公演を目標に掲げていましたが、本腰を入れて活動するために伊藤を引き留めたのでしょう。この日は、ティッシュ配りや文化祭での公演といった下積みから、会場規模を徐々に大きくしていくプランを練りましたが、仮に単独公演が実現すれば、CDデビューの道も見えてくるのではないでしょうか。そうなれば、他の非公式ユニットも負けじと活気づくでしょうし、モーニング娘。やハロー!プロジェクト内で数多くのユニットが結成されたように、妹グループの欅坂46や日向坂46とのコラボ企画が実施されることもあるかもしれません。そういった意味で、さゆりんご軍団の活動には注目が集まっているようです」(同)

 さゆりんご軍団は松村以外、シングル表題曲の選抜メンバーに選ばれる機会が少ない(佐々木は未経験)ため、チャンスを与えるという意味でも軍団長の奮闘に期待したいところだ。

松村沙友理、乃木坂46の卒業制度無視にファン歓喜 『さゆりんご軍団』がハロプロ化の道を切り拓く?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!