関ジャニ∞の村上信五がフジテレビ系東京五輪番組のメインキャスターを務めることがわかった。

 これまで、同局のスポーツ番組でトップアスリートを取材してきた村上。今回の就任に「うれしさ半分、ドキドキ半分。いつもとは違うプレッシャーを抱えながらの挑戦」「よくこんな関西弁のヤツを使ってくれたなという思いもある」などとコメントしている。

「TBSは、2004年のアテネから16年のリオまで4大会連続でキャスターを務めた中居正広ではなく、安住紳一郎アナを起用。そのため、ジャニーズは“ポスト中居”とも言われる村上を、なんとしてでもキャスターの席に座らせたかったようです」(記者)

 ジャニーズといえば、6月に嵐が「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任。さらにNHKの東京パラリンピックのキャスターには、ジャニーズ俳優の風間俊介が決定している。

「嵐は大会期間中、NHKに出ずっぱり。一方、日本テレビは、08年の北京からリオまで3大会連続で嵐・櫻井翔を起用していましたが、櫻井がNHKに乗り換えたため、ジャニーズは『代わりに』とKAT-TUN・亀梨和也を猛プッシュ。亀梨は日テレのスポーツ番組でキャスターを務めていますから固そうです。しかし、ネット上では『キャスターは局アナと元スポーツ選手でいいよ』『東京五輪はアイドルが出ない局で見たい』『五輪中継のバラエティ化はやめてほしい』といった声が相次いでいます」(同)

 着々と椅子取りゲームを勝ち取っているジャニーズ。東京開催は国民の思い入れも強いだけに、不満の声は止まなさそうだ。

日テレは亀梨和也起用か……フジ村上信五起用で「東京五輪番組」がジャニーズだらけ!のページです。エンタMEGAは、スポーツエンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!