嵐のNHK東京五輪スペシャルナビゲーター就任の裏で「開幕式パフォーマンス」も決定との見方

編集部

嵐のNHK東京五輪スペシャルナビゲーター就任の裏で「開幕式パフォーマンス」も決定との見方の画像1

 ジャニーズグループの嵐が来年の東京オリンピック・パラリンピックで、「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任することが決まった。この決定で、嵐が開会式で日本を代表するアーティストとしてパフォーマンスするのではとの見方も高まっている。

「大会1年前から特番を組んで、本番当日では、嵐が競技会場やNHK特設スタジオなどから競技の迫力と感動を伝えるという計画があると聞きます。櫻井翔はこれまでの五輪でメインキャスターを日テレで務めてきたように、この東京五輪では民放各局が“嵐獲り”に動いていました。ただ、この勝負は完全にNHKに負けてしまいましたね」

 この決定で、大きく前進するのではと言われているのが開会式でのパフォーマンスだ。

「ジャニー喜多川氏の強い願望のもと、ジャニーズはこの開幕式で何かしらかかわりたいとこれまで必死に動いてきました。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長でもあり元総理の森喜朗さんと、ジャニーズがかなり昵懇と言われているのもその一環。それに、中でも嵐と森さんの関係は蜜月だとも言われていますからね。そこに、五輪に対して金銭面をはじめ一番、力を入れて放送するNHKがバックに付いているのですから、有力候補と言っても過言ではないでしょう」(芸能関係者)

 東京五輪の重要なポイントで嵐登場となれば、賛否の声は必至。最後に再び“嵐”を巻き起こすかもしれない。

嵐のNHK東京五輪スペシャルナビゲーター就任の裏で「開幕式パフォーマンス」も決定との見方のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!