女優の新川優愛が一般男性と結婚すると、所属事務所がマスコミ宛てのファクスで発表した。

 新川は「私、新川優愛は、この度、一般の方と結婚することとなりました。お付き合いをしていく中で、彼の人柄に惹かれ、今後の人生を共にしたいと思い、このような運びとなりました。まだまだ未熟な私ですが、これからもいただいたお仕事を一生懸命努めてまいります。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます」とコメントしている。

 新川とえば、昨年放送のフジテレビ系『いつまでも白い羽根』でドラマ初主演を果たし、その後もテレビ朝日系『ブスだってI LOVE YOU』でダブル主演を務めるなど、女優として順調な最中。25歳という若さもあいまって、ネット上では驚きの声も上がっている。

「新川ほど需要のあるタレントが、妊娠以外の理由で結婚するケースは最近ではめずらしい。一般的な芸能プロだと間違いなく反対されるでしょうが、新川が所属するのは児童劇団として知られる劇団東俳。タレント管理の感覚が一般的な芸能プロとは異なるのでしょう」(記者)

 バラエティ番組では保守的な発言が多く、正統派美女のイメージが強い新川だが、最近はある事件をきっかけに「イメージが変わった」という声も……。

「4月に『さんまの東大方程式』(フジテレビ系)に出演した際、ある京大生が、モテない自分を変えるためにオタク向けの恋愛テクニック本を読んでいると告白。『爪をちゃんと切りましょう(と書いてある)』と本の内容を紹介すると、新川がすかさず『まだ先じゃない!?』とツッコんだんです」(同)

 司会の明石家さんまは「それは小学校で教えてくれるやろ」、陣内智則は「当たり前や。清潔にするの普通のことやん」と普通にツッコむなか、明らかに男性の“夜のマナー”と解釈してしまった新川。ネット上では、「そういうことで頭がいっぱいなのか?」といった声が相次いだ。

「この収録時にはすでに交際していたでしょうから、瞬時に彼の手を思い浮かべてしまったのかもしれません。きっとその彼は、女性が傷つかないように爪を短く切ってくれる紳士的な男なのでしょう」(同)

 多くの男性ファンを落胆させている新川の結婚。お相手の素性にも関心が集まりそうだ。

新川優愛が非デキ婚! 仰天“爪切り”発言は「彼の手を思い出して!?」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!