大物司会者のタモリに、また不倫密会報道だ。

 8日発売の「女性セブン」(小学館)は、タモリが吉永小百合似の長身美女・B子さんと週一ペースで密会を重ねていると報道。タモリは帽子に顔半分がすっぽり隠れる大きなマスクという完全防御でデートを繰り返しており、7月中旬には都内のマンションへ2人で消えていったという。

 1970年に結婚したA子さんとのおしどり夫婦ぶりが有名なタモリだけに、ネット上では「意外」「ショック」との声も上がっているが、わずか1年ほど前にも、タモリは別の女性との不倫密会が報じられている。

 昨年7月の「週刊新潮」(新潮社)は、有名脚本家・中園ミホ氏との不倫疑惑を報道。記事では、タモリが真夏に似つかわしくない黒コートに帽子、大きな白マスクにサングラスではない普通のメガネという出で立ちで、周囲を気にしながら中園氏のマンションに入る様子を写真付きで報じている。

「B子さんはタモリとの関係を数年来の『お友達』と説明していますが、タモリの警戒ぶりを見る限り友達以上と捉えるのが普通。『体調の悪い妻と一緒に過ごしたい』という理由で『笑っていいとも!』(フジテレビ系)を辞めたと言われるタモリですが、辞めた途端に立て続けに不倫が報じられているのですから、時間を持て余したエロオヤジと見られても仕方ないでしょう」(記者)

 それより気になるのが、メディアの扱いだ。中園氏のときもそうだったが、8日のワイドショーやスポーツ紙はタモリの不倫密会報道をスルーしている。

「タモリが所属する田辺エージェンシーへの忖度でしょう。ゲスの極み乙女。の川谷絵音が同事務所に移籍した途端、バッシングがピタリと止まったのも記憶に新しい。3年前に同事務所の夏目三久と有吉弘行の熱愛・妊娠報道をテレビがスルーしたのも同様です」(同)

 芸能界の重鎮である田邊昭知社長が目を光らせているうちは、タモリのスキャンダルが大きく取り沙汰されることはなさそうだ。

タモリの美魔女不倫密会をマスコミがスルー! ジャニーズより酷い田辺エージェンシーへの忖度のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!