俳優の佐藤健と社会学者の古市憲寿が東京・六本木のクラブを訪れる姿を「女性セブン」(小学館・8月15日号)が写真付きで報じ、話題となっている。

 佐藤と古市が、クラブを訪れたのは7月後半の金曜深夜。この日は麻生太郎副総理兼財務大臣の甥でドワンゴの取締役を務める麻生厳氏の誕生日パーティーが行われていたようで、2人はこのパーティーに参加するために訪れたようだ。ちなみに、この日は2人の他にも、RADWIMPSの野田洋一郎や女優の深田恭子と交際中のシーラホールディングス・杉本宏之会長の姿もあったそう。芸能人や著名人は、麻生氏にあいさつをするため、麻生氏がいるVIPルームに次々と入っていったという。
 だが、そんなところに佐藤が現れたことで、会場にいる女子たちの注目は佐藤へといってしまい、2人は滞在10分でその場を後にしたと、記事では伝えていた。

 佐藤がサプライズ登場したことで、会場の女性たちは歓喜したよう。だが、その一方で、ネットでは佐藤へ幻滅する声が殺到。「いろんな業界に顔が聴く人のパーティーに行って闇営業ですか?」「手越祐也化してるじゃん(苦笑)」「『ブス帰れ!』って叫んでそう〜」という声が多く聞こえていた。

「7月後半といえば、芸人の闇営業問題やギャラ飲みがニュースで連日取り上げられ始めた時期ですからね。それに知り合いのパーティーといっても相手は権力者。闇営業やギャラ飲みを疑われても仕方ない。それに、先日はNEWSの手越がジャニー喜多川氏の家族葬前日に赤坂で権力者の誕生日パーティーでどんちゃん騒ぎしたという記事が写真付きで報じられましたからね。『佐藤健、お前もかよ!』と思ってしまったのでしょう。

 まあ、実際のところ、一緒にいた古市さんが麻生氏と知り合いで佐藤さんは付き添いで行ったのかと。10分ほどで帰ったそうですし、佐藤さんは場の空気に耐えられなかったのでしょうね(笑)。ただ、佐藤さんは若い頃に三浦翔平さんと遊びまくっていましたし、あの『ブス帰れ!』コールの印象はいまだに世間の記憶に残っている。そのため、『まだこういうパリピが集まる場所で遊んでいるのか……』と再び幻滅されてしまったようですね」(芸能ライター)

 なんだかんだ言われても好感度は高いままの佐藤。それだけに、手越のような“パリピ芸能人”のようにはならないでほしい。

佐藤健「手越祐也×闇営業芸人」状態!? 政治とも「つるむ」姿が胡散臭すぎて……のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!