小室圭さん「カネの奴隷状態」?……警護継続に1億一時金……一家でカネにがんじがらめの実情の画像1

 

 秋篠宮家の長女眞子さまと、小室圭さんの結婚問題は未だ解決していない。

 小室さんは日本での「借金問題」を一切解決せずに米国に留学し、帰ってくる日もいつになるかわからない状況だ。世間の批判が増大する中でも、小室さんはマイペースを決して崩さない。

 そんな中、現在話題になっているのが「NEWSポストセブン」(小学館)が報じた「日本の小室家の警備は今も続いている」という記事だ。

 小室さん、そして母の佳代さんには、最初の婚約発表段階から警護がつき、そしてその警備は「佳代さんの強い要望」だったという。小室さんが旅だった現在でも警備は続き、その費用は血税で賄われている。小室さんは日本にいないのに、だ。

「小室さんと佳代さんは、当時相当警備に気を使うように、と念を押すほど神経質になっていたという話もあります。また、警護がついてから佳代さんは『セレブ感』が強くなり、服装や化粧が変わったとか。諸々の問題を解決せず優雅にNY留学している点からも『選民意識』はやはり強かったのかもしれません」(記者)

 警護絡みに関しても「勘違い」が激しかったことがうかがえる小室家。

 今も税金が使われている事実。その上留学の奨学金などとにかく「金」の問題が多い小室さんの周囲だけに、やはり結婚時の一時金「1億5000万円以上」という点も含め、気になるところだ。

小室圭さん「カネの奴隷状態」?……警護継続に1億一時金……一家でカネにがんじがらめの実情のページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!