「NHKから国民を守る党」党首で、参議院議員の立花孝志氏。

「NHKをぶっ壊す!」の旗印のもと、NHKのスクランブル放送を実現すべくYouTubeやAbemaTV、テレビに出演し注目を浴び、国民の支持が急拡大、「受信料支払い拒否が激化」する可能性もあるほどだ。

 そんな立花氏は3日に自身のYouTubeチャンネルを更新。連投で動画を出していたが、その中で「NHK以外」の局を批判した。

「立花氏がTBSとの『騒動』を暴露しました。立花氏は『TBSは出演お断り』と発言。どうやら『サンデー・ジャポン』の『生出演』が決まっており時間を空けていたが、放送前日に『生放送から(録画)インタビューに変えてほしい』と急遽方針が変更になったとのこと。

 これに対し立花氏は『放送禁止用語なんていいませんよ』『何回も生放送ですかと確認しました』とTBSへの不満を口にしましたが、衝撃的なのはその後。

『TBSはNHKの子分みたいなもん』『TBSが負担べき金をNHKが出していた』と、その密接な関係性を明かしていました。だからこそNHKと戦う立花氏がTBSの番組に生出演はすべきではない、という上層部の意図が働いていた、と結論づけています」(記者)

 立花氏は続けて「うすくちとかデリー、デリー、ああテリーさんか、あと女医さん」と『サンジャポ』出演者を出し、「生出演なら論破できる、インタビューだと終わった後に無責任なコメンテーターが好き放題に語る」と指摘した。次の動画では東国原英夫のコメントを批判するなど、自身や党へのタレントたちの適当な発言は許さない構えだ。

 世間の支持は広がる一方だ。さあどうなるNHK、TBS。

N国立花孝志「TBSはNHKの子分」サンジャポの対応を痛烈批判! 世間の支持は広がるばかりのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!