浜崎あゆみ、長瀬智也暴露本『N』実現の可能性は!? 大手出版社が続編オファーかの画像1

 歌手・浜崎あゆみへの取材を元にした小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)が1日に発売され、Amazonの「本の売り上げランキング」で首位が続いている。

 浜崎は同書で、エイベックス・松浦勝人会長と約20年前に交際していたことを初告白。デビュー以前から、松浦と破局した1999年までのことが中心に書かれている。いわゆる“暴露本”だ。

 版元が発売日前日に情報解禁すると、たちまち大手ネット書店に注文が殺到。楽天ブックスは現在在庫切れで、「入荷予約」を受け付けている状態だ。

「装丁には松浦氏がエイベックスビルから撮影したと思しき夜景が使われており、まさに2人の共同作業と言える一冊。あゆは先月19日発売の『フライデー』(講談社)に20歳年下のバックダンサー・荒木駿平との真剣交際が報じられましたが、全く話題にならなかった。世間が興味があるのは、“昔のあゆ”ということが証明されてしまった」(記者)

 著者であるノンフィクション作家の小松成美氏は、1日のフジテレビ系『ノンストップ!』のインタビューで「平成から新しい時代に入るにあたり、これからも歌い続ける、ステージに立ち続ける覚悟、その表明を何かの形でしたいと思った。それを浜崎さん、松浦さんで話し合っていく中で、過去の思い出を知って頂くことで決意を知っていただけたらと思ったそうです」と出版の経緯を説明。浜崎が昨年デビュー20周年目を迎えたことをきっかけに、企画が持ち上がったという。

 ネット上では、読者から「涙が止まらなかった」「映画化してほしい」「この本を読んでから、当時の曲を聴くと泣ける」という感想が書き込まれる一方で、「小松さんがすごい。すかすかな内容をよくこの文字数まで膨らませられたな」「ファンなら誰でも知ってることを、脚色して美談に仕立て上げてるだけ」といった声も。

浜崎あゆみ、長瀬智也暴露本『N』実現の可能性は!? 大手出版社が続編オファーかのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!