歌姫・浜崎あゆみ(40)が、かねてより熱愛がウワサされていた20歳年下のバックダンサーと真剣交際していると19日発売の「フライデー」(講談社)が報じている。

 同誌は、2人の手つなぎデートをスクープ。お相手は昨年8月に行った専属バックダンサーオーディションで合格した3人のうちの1人で、2人の左手薬指にはお揃いの指輪が嵌められていたという。

「この男性は、20歳の荒木駿平というイケメンダンサー。顔はかわいらしいですが、ファッションは元カレのTOKIO・長瀬智也を彷彿とさせるワイルド系です。5月には、インスタグラムに同じタイミングでそれぞれショッピングカートに乗った写真を投稿。露骨に関係を匂わせていました。そういえば、荒木が未成年時に喫煙していたことが発覚し、あゆの公式サイトに謝罪文が掲載される騒ぎもありましたね」(あゆの古参ファン)

 過去には、当時バックダンサーだった4歳年下の内山麿我と交際宣言をしたほか、10歳年下の米国人と結婚・離婚をするなど、年下好きとして知られるあゆ。しかし、親子ほど年の離れた男性との熱愛報道は今回が初めてだ。

「これまで成田空港に集めた報道陣の前に恋人と登場する“空港芸”を披露するなど、スキャンダラスな自分を演出してきたあゆですが、ここまで年が離れると痛々しいですね。昨年、バックダンサーオーディションの開催を発表した際、『ヒモ男品評会』などと揶揄されていましたが、それが冗談ではなくなっているわけですから……。あゆのバックダンサーを務めるというのは“そういうこと”と思われても仕方ありません」(同)

 ステージでは大勢のイケメンダンサーを従えており、番組で美女ハーレムを作ることでお馴染みの志村けん状態と化してるあゆ。今月24日にはフジテレビ系音楽特番『2019 FNSうたの夏まつり』への出演が控えているが、ウワサのダンサーとの共演は見られるだろうか?

浜崎あゆみが公私混同で“志村けん化”! ダンサーオーディションに「ヒモ男品評会」と揶揄ものページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!