水着を通り越していきなりランジェリー決断は思い切りすぎなのでは・・・。

 30日、8月に発売されるアイドルグループ「日向坂46」の1st写真集「立ち漕ぎ」のカットが一部公開された。その公開カットがまさかのランジェリー姿だったことで、ファンを中心に大きな話題となっている。昨年から「乃木坂46」や「欅坂46」の人気メンバーが相次いで卒業する中、今年3月に「けやき坂46」から改名したばかりの日向坂が坂道グループの中で、存在感を増してきている。

 今回ランジェリーカットが解禁された日向坂46初の写真集・立ち漕ぎは、メンバーたちの45日の沖縄旅行の様子を写真に収めた一冊だ。公開されたカットでは、加藤史帆、高本彩花、佐々木久美、齊藤京子、宮田愛萌の5人のランジェリー姿が収められており、5人のセクシーな姿に多くの注目が集まっている。

 欅坂の妹分として結成され、今年3月、改名を経て新生した日向坂。今月17日にリリースした2ndシングル「ドレミソラシド」も、オリコン週間ランキングで1位に輝くなどその人気と勢いは本物だ。姉貴分の欅坂では今月30日にエースの長濱ねるが抜けたばかり。乃木坂も昨年から生駒里奈・西野七瀬・衛藤美彩といった人気メンバーの卒業が続出するなど、グループの人気に黄信号が灯っている。そんな先輩たちを追い越さんとする最年少の躍進は、グループ人気の勢力図を塗り替える可能性を秘めている。

 公開カットで披露された大人チーム”5人の魅力的な姿に、ネット上のファンたちからは賛否両論の意見が飛び交っている。好意的なファンからは「刺激が強すぎる」「加藤史帆さん美しすぎ・・・」といった称賛が相次いだ。一方で「こういうの坂道でやるなよ」「坂道グループって清楚じゃなかったの?」など、「グループの方針と違う」という批判や、「脱ぐと安っぽくなるよな」「これが悪手にならなきゃいいけどね」と、日向坂の今後の活動に影響を与えないか心配する声も少なくなかった。

 写真集で今までにないグループの一面を見せることで、新たなファン層を拡大したい、という狙いもあるだろう。運営はこの写真集をヒットさせることで、坂道グループの世代交代を図ろうとしているのか。もしそうなった場合、姉貴分である欅坂の立場はどうなるか。今後の坂道グループ内のパワーバランスの推移が注目される。

日向坂46“ランジェリー姿”解禁!写真集人気で坂道グループの世代交代進むか?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!