アイドルグループ・日向坂46の齊藤京子が、12日に発売された女性誌「ar」(主婦の生活社)で専属モデルデビューを果たし、ファンから祝福の声が殺到した一方、乃木坂46と欅坂46を含めた“坂道グループ”から27人目のレギュラーモデル抜擢ということで、「さすがにやりすぎ」「AKB48がグラビア・ゴリ押しされてた時を思い出す」などと、ネット上では否定的な意見も飛び交っている。

 現役アイドルが女性誌の専属モデルを務め、同性ファンをゲットという流れは、元AKB48の小嶋陽菜が切り拓いたとされるが、乃木坂46の白石麻衣や同グループOGの西野七瀬がさらに押し広げ、今では各年代向けのファッション誌をことごとく席捲している。

 「齊藤が新加入した『ar』には、乃木坂46の堀未央奈と元欅坂46の今泉佑唯がすでに在籍しています。また、他のメンバーが複数人で特集企画に呼ばれることも多いため、アイドル誌のような状態になることもしばしば。
かつて、AKB48のメンバーがグラビア誌に大量進出し、グラドルから顰蹙を買った時期がありましたが、『他のモデルたちはこの現状をどう思っているんだろう?』『坂道グループ専門のファッション誌を作った方がいいのでは?』などと疑問の声も広まっているようですね」(芸能関係者)

乃木坂46など坂道グループ、27人目の専属モデル決定に「さすがにやりすぎ」の声 演劇界への浸食も加速かのページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!