反社会的勢力への闇営業問題から端を発した吉本興業の内紛について、28日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)内で、ダウンタウン・松本人志が言及。ネット上で流布する、極楽とんぼ・加藤浩次との対立関係を否定した。

 20日、雨上がり決死隊の宮迫博之が会見を開き、岡本昭彦社長から「(謝罪会見を開くなら)クビにする」とパワハラを受けたことを告白。これが火種となり、大崎洋会長らトップが去るならば自身も退社する意向を示した松本と、上層部の退陣を求める加藤とで意見の食い違いが生じ、若手芸人たちがここぞとばかりにSNS上で不満をぶちまけ始めたことで大騒動へと発展した。

22日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)内で加藤が激高する姿を見せたため、松本との亀裂を危惧する声が広まりましたが、実際には放送後に連絡を取り、その後も頻繁にやりとりを重ねて落ち着きどころを探っている状態とのこと。また、松本が同番組にゲスト出演するプランもあるようです。ただ、肝心の岡本社長が22日の会見上でグダグダの様相を見せたことや、パワハラ告発によって宮迫らの責任問題にブレが生じているため、ネット上では『大討論会を開いて、一切の膿を吐き出すべきでは?』と提案する声も広まっているようですね」(芸能関係者)

 松本自身が24日、「吉本芸人が全員集まって岡本社長会見大反省会&大討論会を生配信でやる。 夢を見た。」とツイートしたため、このまま埒が明かなければ生討論会の実現もあり得るかもしれない。

「松本は『ワイドナショー』内で、このツイートについても言及し、高須クリニックの高須克弥院長がスポンサーに名乗り出たことを明かしました。さらに、サイバーエージェント社長の藤田晋氏がTwitter上で『AbemaTVで!!何卒!』と申し出たことで、お膳立てはバッチリ。討論会を実施するかについては、松本はまだ保留の考えを示しましたが、話し合いが平行線を辿るのであれば、正夢となるかもしれません」(同)

 今後の状況次第では、後輩を引き連れて退社する意向も示した松本。吉本興業のみならず、業界の勢力図が一変する事態へと発展する可能性もあるかもしれない。

松本人志、『スッキリ』出演で加藤浩次と生討論? 高須クリニック出資で岡本社長・大反省会の可能性ものページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!