香取慎吾「ジャニー氏追悼コメ」にまさかの批判……「ファミマ宣伝優先」に疑問が

編集部

香取慎吾「ジャニー氏追悼コメ」にまさかの批判……「ファミマ宣伝優先」に疑問がの画像1

 

 元SMAPで新しい地図で活動している香取慎吾が、7月19日に行われた2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式ユニフォーム発表会に登場。先日亡くなったジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏への思いを初めて語った。

 この日の前日、一緒にジャニーズ事務所を退社した稲垣吾郎、草なぎ剛と連名でジャニー氏への追悼コメントを発表していた香取。それもあって、イベントでは、記者からジャニー氏への思いを尋ねられた。

 すると、香取は「エンターテインメントの世界で生きるきっかけをくださった方。東京2020オリンピック・パラリンピックが、本当に盛り上がるように少しでも力になれたらなと」とコメント。育ての親であるジャニー氏への思いを語っていた。

 これに対し、ネットではファンから「涙した」との声が殺到。しかしその一方で、香取への批判の声も多く聞かれたようだ。

「ジャニー氏が亡くなった際、元ジャニーズの面々が次々とコメントを発表していたことがあり、香取さんら新しい地図のメンバーのツイッターも注目されていました。ですが、ジャニー氏の死後数日たった13日の香取さんの一発目ツイートは、自身がCMキャラクターを務めるファミリーマートの宣伝リツイート。そのため一部のファンは今回のコメントに『白々しい』『今更言っても、あれが一発目ツイートだったし、コメントに説得力皆無だよ』という声が上がっており、中には『ジャニーさんの死を利用するな!』と厳しい声もありました。

まあ、香取さんら地図のメンバーはジャニーズ側との間で確執もあったでしょうし、すぐさまツイートできなったのでしょう。それに、連名コメントを発表したもの公取委の発表後でしたからね。香取さんにも言い分があると思いますが、一発目ツイートが宣伝リツイートではない方が良かったですね」(芸能ライター)

 多方面から注目されている中でファンが見たかったのは、育ての親であるジャニーさんへのお礼の言葉だけに、まったく関係のない宣伝リツイートで批判を浴びてしまったのは、仕方がないのかもしれない……。

香取慎吾「ジャニー氏追悼コメ」にまさかの批判……「ファミマ宣伝優先」に疑問がのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!