「楽器を持たないパンクバンド」がコンセプトの女性6人組グループ・BiSHが、6日に生放送された『THE MUSIC DAY 2019 〜時代〜』(日本テレビ系)に出演。音楽特番に登場するのは今回が初めてだったが、通常通りの破天荒ぶりを発揮して爪痕を残してみせた。

 2015年に結成されたBiSHは、ライブ中に客席にダイブしたり、ファンをステージに上げて裸にしたりと、過激なパフォーマンスをウリに展開。16年5月にavex traxからメジャーデビュー決定が発表された際、ライブでのダイブ禁止など従来より控えめな路線に変更することがアナウンスされたが、“メガネ担当”のハシヤスメ・アツコがライブの途中にコントを披露するなど、現在も独特の演出でファンを魅了している。

「BiSHは今回、恋人同士の切ない心の距離感を表現した楽曲『DiSTANCE』を披露したのですが、なぜか“恐竜の子どもを守れるか?”というテーマが盛り込まれ、全長5m以上はあろうかという巨大な恐竜から子どもの恐竜を守る展開となりました。ハシヤスメが頭頂部からぱっくり食べられてしまい、口の中から出てくると頭に牙が突き刺さっていたり、最後は炭酸ガスで退治したりと、楽曲とはまるで関係のない演出でファンを笑わせ、インパクトを残すことに成功したようですね」(芸能関係者)

 同番組に出演したロックバンド・GLAYのHISASHIが、頭の上に片手を立てる“BiSHポーズ”を密かに披露するなど、同業者を次々と虜にするBiSH。7日に配信された、元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾によるネット番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)にもゲスト出演して話題を集めた。

「香取がBiSH推しのため今回の共演が実現したとのことですが、今年2月に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、生田斗真から『今1番推している』と紹介されて登場。Twitterのワールドトレンドで1位になるなど注目を集め、他にも佐藤健やお笑いコンビ・千鳥のノブがプッシュしているため、従来とは異なるファン層が急増し、年末のNHK紅白出場を期待する声も広まっているようです」(同)

 昨年末には『日本レコード大賞』の新人賞を受賞したが、それぞれがソロとしても活動し成長を続けている。10月からはグループ史上最長となる全国ツアーも決定し、圧倒的なパフォーマンス力を身に着けての紅白初出場を期待したい。

BiSH、初の歌特番出演で“恐竜コント”披露し爪痕を残す 生田斗真&香取慎吾のプッシュで人気急上昇のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!