ジャニー喜多川さん死去、香取慎吾ら事務所退所組の扱いは?の画像1
 
 ジャニー喜多川さんの訃報が9日夜に報じられた。87歳だった。ジャニーさんは6月に緊急搬送され、くも膜下出血により約1ヶ月にわたって入院治療を続けていた。
 
 ジャニーさんの訃報により気になるのが、ジャニーズ退所組の動きであろう。ジャニーズ事務所は退所者を、現役のジャニーズタレントと共演させないなど厳しい扱いをすることで知られる。とはいえ、彼らもジャニーさんにお世話になっていたのは確かである。今後、通夜、告別式、さらに後日開かれるであろう偲ぶ会などへの出席も許されないのだろうか。
 
「ジャニーズ退所者でもっとも注目を集めそうなのはやはり、元SMAPで『新しい地図』メンバーである、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎でしょう。ジャニーズ事務所には中居正広、木村拓哉の2名が残っています。当然ながら解散後5人が集まることがありませんが、動向は気になりますね。さらにオートレーサー転向のため1996年にグループを卒業した森且行もいます。別のグループでは未成年女性に対する強制わいせつ事件で2018年に事務所退所を発表した元TOKIOの山口達也の動きにも注目が集まるでしょう」(芸能関係者)
 
 もちろん彼らの個人の中にはジャニーさんへの感謝と哀悼の気持ちはあるのだろうが、同席するだけで別の意味で話題となってしまうメンバーが多いのも確かである。それを事務所はどう取り扱うのだろうか。
 
 

ジャニー喜多川さん死去、香取慎吾ら事務所退所組の扱いは?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!