サイコパスなの?ZOZO前澤「笑ってしまった」宮迫・田村の謝罪会見に「失礼」と批判殺到

編集部

 20日・21日の2日間に渡り、株式会社ZOZOの前澤友作社長が自身のツイッターで「雨上がり決死隊」宮迫博之と「ロンドンブーツ12号」田村亮の謝罪会見についてコメントした。その空気の読めない場違いなツイートが炎上し、批判が殺到している。

 芸人の有吉弘行は、そのタイミングで河島英五の歌「時代遅れ」の歌詞をツイートしたが、忠告は後の祭りで、自ら炎の中に飛び込むかぶき者は誰にも止められなかったようだ。

 20日の緊急会見後、前澤は「神妙な顔して謝罪してるのになぜかくすっと笑ってしまった」と2人の存在や佇まい自体が面白いキャラ確立してることについて褒め、「まだまだ活躍するだろう」と期待していることを明かした。また、赤裸々な2時間半に渡る会見を「どれをとってもしっかり作り込まれているように感じた」と表現し、続けて「とても反省はしているんだろうけど、このお2人、いろいろ諦めていないと思う」と深読みの見解を綴った。

 21日、様々な批判メッセージを受けて前澤は釈明ツイートを更新した。有吉の「目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず」というツイートを引用し、「炎上するたびに身に沁みます」と反省の様子を見せた。JFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」に出演した有吉は、自身のツイートと前澤について聞かれ、「(前澤に)『おれ今日築地に行ってたんですよ』って言ったら『僕は今日“月”に行ってたんですよ』とか言われるんだぜ、どうせ」と、前澤をいじり、笑いを誘った。

 ネットでは「前澤社長の炎上商法は、もうしんどいな」と、前澤の炎上に飽き飽きとした声や、「あの会見を見て笑えるって、人ではない。トップに立つ人間じゃない」と、人格や会社経営ごと否定する厳しいコメントもあり、「初めて最低だと思った!ZOZOもう使わない」と、前澤のツイートが会社の業績に影響するのではないかと思わせる反応もあった。

 会見を開いた2人の先輩にあたる陣内友則は「2人の偽りのない会見だと思う」とツイートした。誰が見ても「作りこまれている」ようには感じられない会見の様子に、批判の声にも納得できる。前澤は釈明ツイート後、自身のインスタにて「イライラしているひと多いな」とストーリーズを投稿し、本当に反省しているのか疑問を抱かずにはいられない態度にさらなる怒りの声が上がっている。有吉の忠告を今すぐ受け止め、SNSの使い方を改めてほしい。

サイコパスなの?ZOZO前澤「笑ってしまった」宮迫・田村の謝罪会見に「失礼」と批判殺到のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!