ジャニーズ圧力問題を民放はどう伝えた? 国分太一『ビビット』完全スルーで「圧力証明されちゃってる」

編集部

ジャニーズ圧力問題を民放はどう伝えた? 国分太一『ビビット』完全スルーで「圧力証明されちゃってる」の画像1

 

 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾に関し、ジャニーズ事務所が民放テレビ局などに起用しないよう働きかけがあった場合は独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意していたことが17日夜に発覚。当事者である民放各局が、翌日のワイドショーでこの話題を扱うか否か注目された。

「18日の民放のワイドショーでは、小ネタとしてアナウンサーが読み上げる程度で、出演者のコメントは避けるパターンがほとんど。『スッキリ』(日本テレビ系)の加藤浩次が大手プロ退所者の“干されルール”に対し『今の時代で考えたらおかしい』などと異を唱えた以外は、小倉智昭も羽鳥慎一もノーコメントでした。また、TOKIO・国分太一が司会を務める『ビビット』(TBS系)は、この話題を完全スルー。視聴者から『これぞ忖度』『圧力が証明されちゃってる』『ジャニーズが番組を私物化してる表れ』と呆れ声が相次いでいます」(記者)

 そんななか、フジサンケイグループの産経新聞は17日夜、民放関係者の証言を報道。そこには、「ある民放の関係者は『全く現場レベルにはそのような話は伝わっておらず、びっくりした。確かに『新しい地図』の3人の出演はSMAP時代に比べれば減ってはいたが…』と驚く。別の関係者は、『民放各局ともに、3人を起用する番組はそれぞれにあったと思うし、全く3人を起用しないということでもなかった』と同調する」といった白々しい証言が並んでいる。

「視聴者からも元SMAPメンバーが干されているのは一目瞭然なのに、テレビ関係者が驚くなんてありえない。産経新聞が、グループ企業のフジテレビの責任逃れに加担したと取られても仕方ありません」(同)

「今後は誤解を受けないように留意したい」とコメントしながらも、『ビビット』で早速“誤解”を与えたジャニーズ事務所。天下のジャニーズ事務所に変化を求めるのは、無理な話なのかもしれない。

ジャニーズ圧力問題を民放はどう伝えた? 国分太一『ビビット』完全スルーで「圧力証明されちゃってる」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!