こだわっているのはスニーカーだけではなかったようだ。

 7日、お笑いコンビ「カミナリ」がTBS「アッコにおまかせ!」に出演した。ボケ担当の竹内まなぶは2017年のブレイク以降、高級ブランド「GUCCI」で全身コーディネートするようになったと語り、放送日に着てきた自身の私服も公開。シャツやジャージパンツ、スニーカー、帽子などもGUCCIで固め、合わせて40万円を超えるGUCCIグッズに身を包んだ姿を披露した。

 カミナリは今月7日、生放送のアッコにおまかせ!に出演。2016・2017年と2年連続で「M-1グランプリ」決勝に進出して注目を集め、16年に5本だったテレビ出演本数が17年には235本と“激増”したことを明かした。

 収入も増え「やっとグッチが着られるようになった」と喜ぶまなぶは、40万円以上のGUCCIブランドと100万円のロレックスの時計も含めて総額147万2000円という、放送当日の私服姿を披露しスタジオを驚かせていた。

 予想外のまなぶの羽振りの良さに司会の和田アキ子からも「“闇”じゃないでしょうね」と釘を刺された2人だが、“闇営業”問題の原因の一端でもある「ギャラ配分」の面では心配いらなさそうだ。事務所の先輩芸人「サンドウィッチマン」の富澤たけしが今年2月、フジテレビ「有吉弘行のダレトク!?」で、「割合は(芸人)6:(事務所)4」とお互いの取り分を明言。ネット上で「事務所9:芸人1」とも噂される吉本興業の割合と比べると、カミナリの所属するグレープカンパニーは実に良心的な事務所のようだ。

カミナリ・まなぶ“総額140万”全身GUCCIコーデ披露。“闇”無縁さが影響かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!