反社会的勢力の会合へ参加し、金銭の受領があったとして無期限謹慎処分が下された吉本興業のお笑いコンビ・2700。そのメンバーであるツネのアブノーマルな状況写真を9日発売の「FLASH」(光文社)が掲載している。

 写真は、この手の行為で使われる黒いテープを使い、目隠しと両手首を拘束した裸のツネと、腕に刺青の入った裸の男が写っているもの。4年ほど前にホテルで開かれた合コンで撮影されたといい、参加した女性によれば、ツネは「塗る媚薬みたいなもの」を持参していたそうだ。

 「通常であれば、芸人のプレイ中の写真はよほど話題性がない限り、週刊誌に持ち込んでも相手にされない。しかし、“闇営業に関わった芸人”というだけで写真が載ったとあれば、今後、雨上がり決死隊・宮迫博之をはじめ謹慎芸人の激ヤバ写真の流出が続きそうな予感です」(記者)

 宮迫といえば、フジテレビの深夜番組『エブナイ』などに出演していた頃には“異常な行為好き”を公言。だが、いつしか愛妻家キャラを演出するようになり、変態キャラは封印してしまった。

 「結婚後も合コン三昧だったことで知られる宮迫ですが、『女の背中にトロロをかけて……』『地方ロケで親子と……』など、この手のエピソードには事欠かない。そんな宮迫だけに、ヤバイ写真はいくらでも存在するでしょうね」(同)

 現在は反省の日々と報じられている宮迫。これ以上のダメージは避けたいところだが……。

宮迫博之の異常性癖が仇に!? 闇営業芸人の「刺青男と目隠し」写真流出で地獄のリーク合戦突入かのページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!