反社闇営業騒動がついに演歌界へ! 元仲介人が暴露「演歌歌手M」「マジシャンM」「ピン芸人H」の画像1

 6月30日、スリムクラブと2700に闇営業を斡旋したモノマネ芸人・バンドー太郎が会見を開き注目されたが、今度は3年前まで仲介役をしていたというベテラン芸人の花村淳が、9日発売の「FLASH」(光文社)で闇営業芸人を実名告白している。

 花村いわく、ギャラは芸人1人あたり5~30万円ほどで、ここに数万円のおひねりや交通費が上乗せされるという。これまで50人ほどの芸人を斡旋してきたが、その中にはピン芸人のS、人気デュオのK、漫才師のU、薬物で逮捕歴のあるTなどがいたと暴露している。

 また花村は、9日放送の『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)に出演。新たに演歌歌手「M」、マジシャン「M」、ピン芸人「H」の名前を挙げ、会場に行けば暴力団関係者の集まりだということは、誰でもすぐにわかると強調していた。

「“俺の出番だ”とばかりにメディアに出現したバンドーと花村ですが、注目すべきは、調子に乗った花村が芸人ばかりでなく演歌歌手の名前を挙げた点。演歌界と暴力団の関係は根深く、ここが表沙汰になれば大変なことに。花村の身に危険が及ぶ可能性も否めません」(記者)

 5日発売の「フライデー」(講談社)も、テレビに引っ張りだこの人気お笑いトリオや、人気コンビ「E」、ピン芸人「C」や「N」に関するタレコミがあったと報道。この騒動は一体、いつになったら収束するのだろうか?

反社闇営業騒動がついに演歌界へ! 元仲介人が暴露「演歌歌手M」「マジシャンM」「ピン芸人H」のページです。エンタMEGAは、エンタメ社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!