不登校YouTuber・ゆたぼんの姉が断言「高校で習う勉強を、ゆたぼんはもう取得しとるんよ」の画像1

 

 小学5年生の不登校ユーチューバー・ゆたぼんの父親で自称・心理カウンセラーの中村幸也氏が、8日放送の「AbemaPrime」(AbemaTV)に生出演。共演者からの「本人が『学校に行っておけばよかった』と後悔したら、どうしますか?」などの質問に答えた。

 ゆたぼん騒動に対する世間からの声について、中村氏は「直接の声は、同じような不登校の子を持つ親御さんとかから『気持ちがわかる』とか『すごいことを世の中に発信してくれた』っていう励ましの声とか頂いてる」と明かし、一方でSNS上では「誹謗中傷が多い」といい、その理由について「みんな嫌々学校に行ってきたから、行かないやつが許せないのかなあ」と考察していると明かした。

 また、現在は「行きたいときにだけ行く」というフリーな登校スタイルをとっているゆたぼんだが、中村氏は「学業は本人がやりたいって言ったときにやらせる」と説明。中学校に通うかどうかも「本人が行くかどうかなので、わからない」と語った。

 これに対し、タレント・段文凝が「もし本人が何年後かに、当時行っておけばよかったなあと思っても、本人の自己責任ですか?」と問うと、中村氏は「そうですね」と即答。「後悔するのも人生だと思う」「過去に戻れないんだから、今できることをやればいいんじゃない? とアドバイスすると思います」と話した。

不登校YouTuber・ゆたぼんの姉が断言「高校で習う勉強を、ゆたぼんはもう取得しとるんよ」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!