ジャニー喜多川さん死去、発表時間の理由は?の画像1
 
 くも膜下出血により入院治療を続けていたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、9日午後4時47分に死去した。87歳だった。
 
 ジャニーさんは6月18日に自宅で体調不良を訴え緊急搬送された。その後は、所属タレントが続々とお見舞いに訪れ、一時期は容体を取り戻すこともあった。
 
 気になるのは報道のタイミングであろう。メディアの第一報は午後11時半の一斉解禁であった。なぜこの時間帯であったのだろうか。
 
「やはり新聞報道を意識しているといえますね。全国紙の締切は午前1時ごろです。そのため、取り上げるとしても追加取材をする時間がありませんので、ストレートニュースとして報じるしかありません。その分、余計な情報が加わることなく、プレスリリースをそのまま出すことができます」(業界関係者)
 
 全国紙はもちろん、スポーツ新聞各氏も一面はジャニーさんの訃報が報じられることになりそうだ。今回の例を見てもわかる通り、ジャニーズ事務所はいぜんとして情報統制に長けた会社であるといえる。ただ今後に不安要素があるのも確かだ。
 
 

ジャニー喜多川さん死去、発表時間の理由は?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!