『水曜日のダウンタウン』のドッキリ企画で闇営業ジャッジの難しさが浮き彫りに? ナイナイ・岡村は擁護の画像1

 

 26日に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)において、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘へのドッキリが行われたが、ネット上では企画自体の賛否だけでなく、闇営業のジャッジの難しさを議論する声も飛び交うこととなった。

 尾形を対象に検証されたのは、『後輩にめちゃくちゃキレたあと不機嫌な顔を見せづらい先輩の前でおちゃらけを演じなきゃいけない状況、地獄説』だった。これは、一方の部屋では自身の嫁と同期の芸人・伊藤こう大の浮気が発覚したことで激怒し、もう一方の部屋では先輩の品川祐に呼び出されて芸をさせられる、という精神が大きく揺さぶられるドッキリだった。

「品川がいる部屋は番組の打ち上げという設定だったのですが、そこにいたのが“Vシネマの帝王”と称される哀川翔だったこともあり、ネット上では、『これがドッキリではなくて、1人でも反社会勢力者が混じっていたら、尾形はアウト? 説』が議論の的に。また、場を盛り上げるため必死になった尾形に対し、哀川がご褒美としてカブトムシを渡すシーンがあったのですが、尾形は先輩に請われて何も分からないまま芸をし、報酬を受け取ったということになり、闇営業のジャッジの難しさを指摘する声も集まったようです」(芸能関係者)

 今回の尾形のように何も知らない場合ならばいざ知らず、解雇処分となったカラテカの入江慎也や、ギャラを受け取り謹慎処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮らに対する同情の余地はないだろう。

『水曜日のダウンタウン』のドッキリ企画で闇営業ジャッジの難しさが浮き彫りに? ナイナイ・岡村は擁護のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!