伊集院光ラジオ「存続危機」か……その驚きの理由は

編集部

 17日深夜放送の『伊集院光深夜の馬鹿力』(TBSラジオ系)において、同番組で長年構成作家を務めてきた渡辺雅史の降板が報告された。

 エンディングのフリートークで、本人から「体力の限界」のため降板したい、ついては「後継者を育てて欲しい」発言があったとし「ウミガメを守る運動をしたい。深夜番組のライターより、ウミガメをマイクロプラスチックを食べさせるにはどうすればいいか」と語っていたとネタで笑いにしていたものの、降板話は事実のようだ。

 現在は、新人スタッフを探すべく面接を重ねているが「構成作家見習いってポストあったけどなくなって久しい。難しいね」と本音をのぞかせた。なかなか思うような人材にめぐりあわないのかもしれない。

 さらに伊集院は現在のメディア業界の現状として「放送作家志望の人ってすごく少なくなっている。何か思いついたアイデアをタレントに任せるより、YouTubeでダイレクトにやればいい」ため、アイデアマンといわれたようなクリエイティブな才能を持った人は今はYouTuber転身を果たしていると語った。
さらに、マニアックな深夜番組という性質上「のちに鈴木おさむ氏みたいなのを目指されても何のしようもない」と語った。

伊集院光ラジオ「存続危機」か……その驚きの理由はのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!