いきものがかり山下穂尊「異常女性遍歴」で次なる火種? 活動休止よりまずいその下半身事情の画像1

 

 2017年に一度は活動休止をしたものの、昨年再度活動を再開したバンド・いきものがかり。

 朝ドラや五輪のテーマソングに起用されるなど「NHK御用達」としても知られており、老若男女問わず幅広い人気を獲得している。だからこそ、17年の活動休止は大きく騒がれた。

 当時は「不仲説」「解散説」も多く飛び交っていたが、メンバーそれぞれは不仲を否定。活動再開となり現在に至る。

 今後も3人仲良く名曲を紡いでいくことになるだろう……と思ったが、やはり“火種”がまったくないわけではないらしい。

「ギターの山下穂尊さんは、以前より女性関係のド派手さが語られています。以前は2週間で2人の女性をそれぞれお持ち帰りするなど、かなり奔放なことで知られているんです。

 その遊びっぷりは尋常ではなく『1000人斬り疑惑』もあるほど。水野や吉岡もだいぶ呆れているとか……いずれにせよ、今後よからぬ話が表に出ないことを祈るばかりです」(記者)

 クリーンイメージが強いバンドだけに、性的なスキャンダルのダメージは他より大きいに違いない。山下は特におとなしくする必要がありそうだ。

いきものがかり山下穂尊「異常女性遍歴」で次なる火種? 活動休止よりまずいその下半身事情のページです。エンタMEGAは、エンタメ音楽の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!