西川貴教まさかの「主題歌」も!? 次期朝ドラ「スカーレット」に出演

編集部

 現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」が好調のなか、次期 101 作目への注目も高まっている。女優・戸田恵梨香が主演を務める「スカーレット( 2019 年 9 月 30 日~ 20 年3 月)」のキャストが続々と決まっているのだ。
23 日に公式サイト発表されたのは、俳優・マギー、お笑いコンビTKOの木本武宏、女優・羽野晶紀、俳優の松下洸平、イッセー尾形といった個性派役者陣。そして、世間を最も驚かせたのが歌手・西川貴教の出演だ。同作品の舞台となる滋賀県出身の西川登場に、滋賀県民をはじめとしたファンは歓喜している。

 同作は、戦後まもなくの混乱・復興期を起点に、男性主体の陶芸業界において、女流陶芸家でヒロインの川原喜美子(戸田)の奮闘に満ちた半生が描かれる。脚本は、映画「冷静と情熱の間」やドラマ「ホタルノヒカリシリーズ」などのヒット作品を手がけてきた水橋文美江氏が担当。女性の生き方・働き方が大きく変化した“激動”の高度経済成長期を、どのように描くのかが見所だ。

 そして、近年の朝ドラといえば、ヒロインの脇をかためるサブキャスト陣の重要性も高まっている。「とと姉ちゃん」では俳優・坂口健太郎、「半分、青い」では俳優・中村倫也と、主演以上に存在感を示し、視聴者に『○○ロス』を引き起こすほどの“名脇役”がヒットには欠かせない。
そして「スカーレット」での出演が決まった西川貴教。朝ドラ初出演にして、フランスの美術学校に留学経験を持つ世界的な芸術家・ジョージ富士川を演じる西川の重要度はいかに。戸田演じる主人公との関係性が気になるところだ。

 さらに欲をいえば、西川貴教が主題歌を担当する可能性もゼロではない。「なつぞら」ではスピッツ、前作「まんぷく」ではDREAMS COME TRUEといった、90 年代から活躍するアーティストが務めていることを考えれば、なくはない話だ。西川のシャウトが日本の朝に響き渡るのか、NHKの判断はいかに。

西川貴教まさかの「主題歌」も!? 次期朝ドラ「スカーレット」に出演のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!