乃木坂46・白石麻衣、『女性アイドル顔だけ総選挙』で3連覇達成! 劣化批判を払拭も卒業は遠のく?

編集部

 5日に放送されたラジオ番組『レコメン!』(文化放送)内で、リスナー投票による『女性アイドル顔だけ総選挙』のTOP20を発表。乃木坂46の“まいやん”こと白石麻衣が3連覇を達成し、ファンから祝福の声が集まった。

 「今年で7回目を迎える同企画ですが、白石は元AKB48の渡辺麻友と並ぶ通算2度の首位記録を今回で更新し、単独でトップに躍り出ました。前回は2位の佐々木琴子(乃木坂46)に100票差と猛追されましたが、今年は1,500票ほどの差をつけて圧勝。
この結果を受けてネット上では、『卒業しない限り、ランクを落とすとは思えない』『もう殿堂入りでいいのでは?』などと、人気の高さを称える声が飛び交っているようです」(芸能関係者)

 アイドルとしては高齢な26歳という年齢や高すぎる人気の反動として、「婆(ばあ)やん」と揶揄されるなど劣化批判が絶えず付きまとうものの、今回の結果で見事にねじ伏せた白石。しかしそれは、乃木坂46からの卒業を遠ざけることにもなってしまったかもしれない。

乃木坂46・白石麻衣、『女性アイドル顔だけ総選挙』で3連覇達成! 劣化批判を払拭も卒業は遠のく?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!