メンタリストDaiGoは月6000万円を売り上げる“THE・セレブ”!頭脳を駆使する掌握術マスターの「ニコニコ」がとまらない!

編集部

 メンタリストであれば、お金すらも簡単に掌握してしまのか。

 28日に都内で開かれた「ニコニコチャンネル」の事業発表会に、メンタリストのDaiGoが出席した。2010年代半ばのメンタリストブームと比較すると、目にする機会がめっきりと減ったDaiGoだが、なんとニコニコにおいては月額有料会員数10万人を超えるスターアイコン。
累計ではユーザー課金額6億円超、そして4月には単月6000万円の売り上げを記録し月額入会数においてもトップと人気に歯止めがかからない様子。なぜそこまで人気なのか。そこには己の心をマネジメントし、自分らしく生きる“DaiGoの哲学”があった。

 同イベントで話しを向けられただDaiGoは「最近弟のほうが有名なDaiGoです。謎解きの兄です。ぼくが名字を隠してテレビに出たのに・・・」と大学系のクイズ番組で知名度を高める東大生の松丸亮吾をテーマに会場を盛り上がるなどご機嫌。
どこか自虐も混じるコメントの背景にはメディアへの露出減少があるのだが、ブレイク時のまさかの心境を告白した。「テレビのお偉いさんにヘコヘコするのがイヤ」と正直な気持ちを言ったうえで、「(現在は)無料で広告収入が主であるユーチューブに1日3回動画を投稿し、それをきかっけにサブスクリプションのニコニコに誘導している。
無料というのはタダなのにクレームばかり言ってくる面倒くさいユーザーもつきもの。つまり、誰もお金を払ってまで冷やかそうとは思わないので、ニコニコは圧倒的にユーザーの質がいい」と意外な活動エリアの魅力について語った。

 自身に適したフィールドを見抜き、はっきりと断言するDaiGo。妙に納得してしまうのがその魅力をあらわしている。実際、1日に10冊の本を読む読書家で、自然息づく邸宅にて効率的なセレブライフを謳歌している。
それだけに“成功者”としてオーラも加わり、有料会員にとっては「神様、仏様、DaiGo様」といったクラスか。少し前には凋落の危機にあったニコニコで活躍するDaiGoをみると、そんな神々しさも感じざるを得ない。

メンタリストDaiGoは月6000万円を売り上げる“THE・セレブ”!頭脳を駆使する掌握術マスターの「ニコニコ」がとまらない!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!