衣料品通販サイト「ZOZOタウン」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長と交際している剛力彩芽の評判がすこぶる悪い。

 8月に入ってからは、インスタグラムでZOZOの宣伝的な投稿が増加。〈#ZOZOでは取り扱ってません〉のハッシュタグを添え、PRADAのナイロンバッグの写真をアップしたり、〈ZOZOのストレートデニム。これは凄い、感動した〉と綴ったりと、さながら“広告塔”と化している。

「もはや“ZOZO色”が強過ぎて、衣料メーカーだけでなく、あらゆるジャンルのスポンサーから敬遠されてしまっています。事務所としては数千万円単位の“見えない損出”が出ていると思いますよ」(広告代理店関係者)

 新規のCM契約が入りづらいばかりか、現在出演中のCMについても継続に黄信号が点っているという。

「9日には前澤社長が自身のインスタグラムで剛力との食事を公開。アワビやフカヒレ、トリュフといった高級食材を使った豪華な料理の写真を連続して投稿し、デザート後には『おなかいっぱい』の言葉とともに、剛力の満足そうな表情をアップしています。また、11日放送の番組では、親交のある今田耕司が前澤社長、剛力と共に1日1組限定の高級レストランで会食したことを明かしました。会計で割り勘を申し出た今田はその金額に驚愕。翌日はそれを思い出して4回ぐらい頭抱えて後悔したそうです」(テレビ誌ライター)

 そんなセレブな食生活を楽しんでいる剛力だが、CM出演しているのはヤクルトの『ジョア』や山崎パンの『ランチパック』といった庶民派の食品だ。

「アンチたちからは両商品についての不買宣言が続出。『ジョア、誰の物~って、ZOZOの物ってイメージしか出てこない』『貧乏人はランチパックでも食ってろってことか』など、イメージダウンにつながっています。ZOZOはプロ野球界参入を目論んでおり、そうなれば球団を持つヤクルトは剛力との契約を辞めざるを得ないでしょう。『ランチパック』にしても、山崎パンは別の商品で松たか子を起用しているように、商品イメージに“さわやかさ”を求めています。今の剛力は真逆の方向に向かっていますから、宣伝担当者は頭を悩ませていることでしょう」(前出・広告代理店関係者)

 それでも本人は『ZOZO』の宣伝ができれば、それでいいのかもしれないが……。

剛力彩芽のインスタが止まらない! セレブな食生活にCM継続に黄信号?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!