ダウンタウン松本人志、すしざんまい社長をきちっと「調理」

編集部
ダウンタウン松本人志、すしざんまい社長をきちっと「調理」の画像1
 30日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)にすしざんまいの木村清社長が出演した。この日の放送では木村社長のポーズをマネする、FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史も出演した。いわばフジモンが木村社長のサポート役といった形であろう。
 木村社長は冒頭から飛ばしまくるも、滑舌の悪さがきわだった。これは普段からそのようで、食事をともにしたフジモンも「9割何をおっしゃってるかわからなかった」と話し、笑いにしていた。この日の放送では木村社長の来歴も語られ、家が経済的に苦しかったため、15歳で自衛隊に入ったエピソードが披露された。熱い語りを続ける木村社長であったものの、素人ゆえ話がしどろもどろに。するとダウンタウンの松本が「あれでしょ。おじいちゃんおばあちゃんと大切にしようと」と強引にまとめ会場は笑いに包まれた。
 なおも、木村社長のエピソードトークは続き、コンテナを使ってカラオケボックスを作ろうとしたところ警察から「風営法違反」と言われてできなかった話をした。木村社長は「フウエイ? 風疹にかかったことはないけど」と話したと小ネタのギャグを入れるも、会場は滑舌の悪さと話の展開についてゆけず、フジモンも「ごめんなさい」のポーズで手を合わせるのみだった。ここでも、松本は「すべらない話をしたんですけどスベった」と話に落ちを付けた。木村社長はなおも話し出すと、松本は「社長、この番組15分番組なんで」と見事に場を調理した。
 松本はもともとアクの強い素人さばきに関しては得意なフィールドである。90年代に放送された視聴者から発明アイデアを募集する『発明将軍ダウンタウン』(同)での活躍などはよく知られている。松本と素人の直接対決が見られる貴重な一夜となった。(文=相川ナロウ)

ダウンタウン松本人志、すしざんまい社長をきちっと「調理」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!