累計発行部数4000万部を誇る原泰久の大人気コミックを山崎賢人主演で実写映画化した映画『キングダム』が4月19日に公開され、初日からの3日間で観客動員50万人を突破。配給元の東宝は「40億円を狙える好発進」とホクホク顔だ。

「同じ人気漫画を実写化した映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で興収的に厳しかった山崎が主演とあって不安視する声もありましたが、フタを開ければ絶賛の嵐。『山崎の代表作になる』との声が続出しています。吉沢亮、橋本環奈、長澤まさみ、大沢たかお、本郷奏多など他のキャストも全員が『100点』と言っていいクオリティ。原作ファンも大いに満足したようです」(映画ライター)

 大成功となったことで続編を期待する声も聞こえてくるが、となれば原作ファンにとって最も気になるのは“あの人気キャラ”を誰が演じるかだろう。

「原作は非常に長いストーリーで、今回映画化されるのは単行本1~4巻の王弟反乱編でした。続編はそれ以降のストーリーとなりますが、そこで欠かせないのが5巻から登場する『羌瘣(きょうかい)』です。羌瘣は『キングダム』の主要人物の一人で、伝説の刺客一族の出身の少女。剣の達人で、山崎演じる信が率いる『飛信隊』の副長を務めます。美と知と武が要求される役所とあり、ネット上では清野菜名、土屋太鳳などに演じてほしいとの声が聞かれますね」(芸能ライター)

 しかし、前出の映画ライターによれば、すでに最有力候補がいるという。

「16年に『キングダム』の連載10周年を記念して制作された約3分間の実写特別動画が公開されました。その時も信を山崎が演じ、そのまま映画でも主演となった。このときの動画に羌瘣も一瞬登場するのですが、演じていたのは山本千尋というアクション女優でした。幼い頃から武術大会で活躍していた彼女は、山崎と同じスターダスト所属ですから、ほぼ決まりではないでしょうか」

 もし出演が決まれば、彼女の注目度は飛躍的に上がることになりそうだ。

『キングダム』続編なら羌瘣は誰が?清野菜名、土屋太鳳を押さえてあの女優が…のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!