HKT48・指原莉乃

 人気アイドルグループ・HKT48の指原莉乃が、3日放送のバラエティ番組『有吉大反省会 衝撃のカミングアウト連発2時間SP』(日本テレビ系)に“反省見届け人”として出演。大卒の経歴を偽ったことをカミングアウトしたグラビアアイドル・忍野さらに対する発言が、「乃木坂46へのあてつけ?」とネット上をザワつかせる場面があった。

 忍野は経歴詐称だけでなく、事務所による“清楚・お嬢様・知的”なイメージでの売り出し方についても、「どれもあてはまってない」と、偽りの姿だと告白。これを聞いた指原は納得した表情を浮かべ、「(清楚なら)グラビアやらない」と切り捨てた。

「この発言に対して、坂道グループのファンが敏感に反応したようですね。特に乃木坂46に関してはデビュー以来、“清楚”が枕詞になり浸透。AKB48グループの衣装と比べて肌の露出が低い一方、ソロ写真集内で水着や下着ショットを解禁し、そのギャップで話題を集める戦略を取っています。2016年にリリースした2nd写真集『スキャンダル中毒』(講談社)では半尻まで披露した指原ですが、自分よりも知名度の低い乃木坂46メンバーにあっさり売り上げを抜かれることに反感を抱いている可能性はあるかもしれませんね」(芸能関係者)

 また、この日の冒頭には元AKB48の島崎遥香が登場したものの、指原はなぜか不在だったため、「仲悪いの?」「オトナの事情ってやつ?」などと憶測する声も飛び交う事態となった。

「島崎はこの日、アイドル時代の塩対応キャラから一変、本当は『男好き』だということを告白。そこからなぜかジャーナリストの山路徹と一緒に帰宅することになり、その後はタクシー車内からの中継となったのですが、それと入れ替わるようにして指原がスタジオに登場しました。指原と島崎は以前、“博多と塩”というコンビを組むなど仲が良いことで知られていましたが、15年に島崎が、アルバイト求人情報サイト『バイトル』の企画で選抜メンバーを決めることになった際、審査基準を“顔”として、指原は『不合格』と発言。これを機に険悪なムードになったのではないかと臆測する声や、島崎の所属事務所が新たなイメージ戦略を打ち出すため、AKB48グループとの共演をNGにしているのではないかと疑う声が広まっているようです」(同)

 ここ最近、急激にキャラ変を試み、「痛々しい」と揶揄されてしまっている島崎。アイドル時代に身近に接し、バラエティ能力抜群の指原であれば上手くそのキャラを深掘りできそうなものだが、果たして今後共演することはあるのだろうか。

指原莉乃、“清楚でグラビアの矛盾”発言で乃木坂46にあてつけ? 島崎遥香との共演回避に不仲説ものページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!