人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花が、11日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演。井上芳雄とともに、“チケットが取れないミュージカル・スター”として登場し、レギュラー陣に負けないバラエティ能力を発揮して番組を盛り上げた。

 アイドル活動と並行して、2017年頃から本格的にミュージカル界へ進出した生田は、『ロミオ&ジュリエット』や『レ・ミゼラブル』といった名作に立て続けに出演することから、 業界内では“生田無双”と呼ばれているとのこと。あまりに売れているため、オープニングトークでは、「他のミュージカル女優から嫌われてるかもしれない」と、井上からイジられる場面があった。

「ミュージカルは通常、女性客が多いらしいのですが、生田の出演作に限り男性トイレが混むという現象が起こるなど、その影響力は凄まじいものがあるようです。その人気ぶりを持ち上げられて謙遜するかと思いきや、ここ20年オファーが絶えないという井上が『輝きが隠せなかった』と、デビュー時を自画自賛して振り返った流れに乗り、『私がいると場が華やぐ』と発言。“井上から悪影響を受ける後輩”というキャラを即興で生み出し、バラエティ番組での適応能力の高さを証明することとなりました」(芸能関係者)

 また、番組内では“感情のオンオフがスゴい”として、ミュージカルなどではハイテンションな姿を見せる一方、ひとたびスイッチを切れば、ワサビがたっぷり入った寿司を食べても表情を崩さない、という特技を披露した生田。ファンにはお馴染みだが、スタジオ内をザワつかせたため、「バラエティ番組でも引っ張りダコになるのでは?」「女性タレントからも嫌われちゃうかもしれない」などと、今後の活躍に注目が集まることとなった。

「IHクッキングヒーターで直に卵焼きを調理しようとしたり、奇想天外な絵のセンスを発揮したり、突然歌い出す“深夜の謎のハイテンション”でメンバーを困らせたり、フィンランド民謡『イエヴァン・ポルッカ』を歌った際にはあまりに高クオリティのため同国・駐日大使館のTwitter上で称賛されるなど、グループの冠番組内で数々の伝説を残し、音楽的な才能も含めて“天才”と称される生田。タレントとしての素質に恵まれていることに加え、デビュー年から続く番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)においてバナナマンから笑いの手ほどきを受け続けているため、バラエティ業界でも無双状態になる可能性は高いといえるでしょう」(同)

 アイドルにとって重要な要素であるビジュアルに関しては、今年1月発売の2nd写真集『インターミッション』(講談社)の累計発行部数が30万部突破という大ヒットを記録していることで十分すぎる程に人気の高さを証明。まだ22歳と若く伸びしろたっぷりなだけに、あらゆる方面で同業者の嫉妬を買う活躍が期待される。

乃木坂46・生田絵梨花、ミュージカル界だけでなくバラエティ界でも“嫌われ者”になる可能性大?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!