中居正広が、4月から始まる冠番組『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)で初めてニュース番組のMCを務めることがわかった。

 同番組は直近1週間に起きた政治、社会、スポーツなどの最新ニュースをランキング形式で紹介。中居がその中から気になる話題を取り上げ、ゲストの専門家に疑問をぶつけながら理解を深めていく内容だという。

 中居はテレ朝のゴールデンで放送されていた『中居正広の身になる図書館』が視聴率低迷で打ち切りに。同局系『サンデージャングル』以来19年ぶりのニュース番組で巻き返しを図ることとなった。

 そんななか、テレビ関係者は、「中居がスポーツを扱うニュース番組MCを務める裏には“2020年問題”を見越してのこと」だと言ってこう続ける。

「中居は04年のアテネから18年の平昌まで、夏冬合わせて8年連続でTBSの五輪キャスターを務めています。しかし、平昌五輪のキャスター就任が発表されたのは大会開催1カ月前で、他局よりも1カ月も遅かった。実はTBSとジャニーズの間では関ジャニ∞の抜擢が検討されていたのですが、スポンサーとの調整がつかず、中居を外すことができなかった。中居は東京五輪キャスターに並々ならぬ意欲を燃やしていて、それがジャニーズ残留の一因になっている。TBSでの中居のレギュラー番組は『中居くん決めて!』で、五輪との関連性が薄いですから、ニュース番組MCという肩書を得たことでTBSに外される前にテレ朝から五輪キャスターを狙うのではないでしょうか」

 中居は新番組で「五輪キャスター」にふさわしい実績を残せるだろうか。

中居正広、ニュース番組MC就任でTBSを見限りテレ朝から東京五輪キャスターへのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!