木村拓哉、浜田雅功から『笑ってはいけない』出演オファーも、“中居正広派”の松本人志がネックに?

編集部
木村拓哉、浜田雅功から『笑ってはいけない』出演オファーも、中居正広派の松本人志がネックに?の画像1

木村拓哉と浜田雅功

 ダウンタウンの浜田雅功が、17日に放送されたラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)に“今月のゲスト”として3度目の出演。パーソナリティーを務める木村に対し、年末恒例番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない』シリーズ(日本テレビ系)への出演を打診する場面があり、「実現したら凄い視聴率になりそう」「ぜひとも捻じ込んで欲しい」などとネット上をザワつかせることとなった。

「“笑ったら罰を受ける”というシンプルなルールで行われる同シリーズの話題が出たのは、リスナーから『今までで一番過酷だった撮影やロケはなんですか?』という質問が寄せられた時のことでした。浜田はその収録時のつらさを訴え、『タイキック受けろや! 俺らが受けるより、お前が受けた方が面白いやん』とオファー。通常、ゲストは笑わせる側で登場するのですが、木村が『もし、呼んでいただけたらぜひ』と承諾したため、ファンの間で実現を期待する声が飛び交ったようです」(芸能関係者)

 木村は今年1月に公開された主演映画『マスカレード・ホテル』のPR活動の一環として数多くのバラエティ番組に出演するなど、ここ最近はかつてないほどフットワークが軽いため、社交辞令ではなく本当に出演する意向なのかもしれない。しかしその一方、中居正広とプライベートで交流がある松本人志がNGを出すのでは? と臆測する声が囁かれてしまっている。

「中居は2015年末に放送された『絶対に笑ってはいけない名探偵24時』(同)の冒頭、シリーズ初のゲストプレイヤーとして登場しましたが、これはおそらく公私ともに親交のある松本がいるからこその出演だったのではないでしょうか。その翌年にSMAP解散騒動が起こり、メンバーの仲がこじれただけに、“中居派”の松本が木村の参加に首をタテに振るかは微妙なところではあります。ただ、同シリーズは年々マンネリ化を指摘する声が多くなっているため、今年も継続するならば、番組史上最高クラスのカンフル剤として木村の投入が検討される余地はあるかもしれませんね」(同)

 昨年末には、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3名が出演するのではないかと臆測する声も流れた。中居が出演した際には、他のメンバーとソックリな“偽SMAP”とともに登場して話題を呼んだが、ファンとしては本物の5人が揃った姿をもう一度、と願うばかりだろう。

木村拓哉、浜田雅功から『笑ってはいけない』出演オファーも、“中居正広派”の松本人志がネックに?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!