3月末で中居正広の冠番組『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)、『ナカイの窓』(日本テレビ系)が終了となり、一部でジャニーズ独立が囁かれていた中居正広。ところが一転、契約更改の意思表示をする期限である6月を待たずして残留が決まったという。

 業界関係者によれば、その裏ではある“密約”があったという。

「ジャニーズサイドは破格中居に対して破格の条件を提示したといいます。それが、中居の個人事務所設立を認めるというもの。芸能人の中には節税対策のために、所属事務所とは別に個人事務所を持っている人も多い。しかし、ジャニーズが認めるのは初めてのことで、超VIP待遇と言っていいでしょう」

 テレ朝、日テレともに中居の新番組を4月からスタートさせることが決定。袂をわかった草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾の『新しい地図』がいまだ地上波での活動がままならない状況の中で、中居の芸能界でのポジションは今年も盤石のようだ。

 それにしても、SMAP解散騒動では、“裏切り者”となった中居をジャニーズサイドがこれほどまでに厚遇するのはなぜなのか。

「錦戸亮が関ジャニ∞を脱退する可能性が強まり、グループの解散や活動休止が現実味を帯びてきました。その穴を中居に埋めさせようという計算が働いているのは間違いありません。ジャニー喜多川社長の“後継者”となった滝沢秀明と中居は仲もいい。一時は事務所内で干されているような見方をされていたこともありましたが、ここにきて急速に復権しています」(テレビ関係者)

 しばらくジャニーズは、“中居頼り”の状況が続きそうだ。

中居正広、電撃残留の裏でジャニーズと「異例のVIP待遇」密約が!?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!